Page: 1/10   >>
2018 シンガポール旅行1日目その4
0

    15時頃ラッフルズプレイスで両替を終え,地下鉄でホテルへ戻りました。
    クラブルームでティータイムを過ごし,プールに入ったあと,再びクラブルームのバータイムに行きました。
    そこで飲んだのは,シンガポールスリングです。

     

     

    ラッフルズ・ホテルのロングバーで生まれたジンベースのカクテルです。実はこの日,二杯目。一杯目はシンガポール航空の中で飲みました。チェリーブランデーが入っているので強めのお酒ですが,甘いので少し氷が溶けるとほどよくなります。
    つまみも豊富なので,お腹いっぱいになりました。

    20時くらいに再び外出しました。
    ホテルの下には,高級車がたくさん停まっていました。日本でなかなか見ない車をたくさんみます。シンガポールは車の価格や税金が高いにもかかわらず・・・お金持ちが多いのですね。

     

     

    歩いて近くのサンテックシティにあるスーパーマーケットへ。海外に行くと,必ず地元のスーパーに行くのが好きですね。地元ならではの珍しいものが,安く手に入りますから。

     

     

    その後,地下鉄でブギスへ。
    ブギスにあるブギス・ストリートは,シンガポールの原宿やアメ横みたいなところで,安い洋服や携帯グッズ,お土産を扱った店が所狭しと並んでいます。
    この日は,お土産のチェック。ただ歩くだけでも楽しいところです。

    22時過ぎに地下鉄に乗ってホテルへ戻ってきました。
    この時間になっても安全に出歩けるのがシンガポールの良いところです。

     

    JUGEMテーマ:旅行

    | 西村能一☆Team No1 | 11:22 | comments(0) | - |
    2018 シンガポール旅行1日目その3
    0
      シンガポール旅行1日目その3
      昼食を食べたあとは,マリーナ・ベイ・サンズへ。歩いていきました。
      マリーナ・ベイ・サンズは,あの有名なプールが上にあるホテルです。下にはショッピングモールやカジノ,アートサイエンスミュージアムなどがあります。この日は,特に買い物はせず,ぶらっと見ました。
      その後,マリーナをぐるっと回ってラッフルズプレイスへ(地図のバツ印のところ,赤いラインを歩きました)。
      この駅で,ツーリストパスを買いました。
      3日間で20ドル=1600円+10ドルカード代(デポジットで返ってきます)。これがあれば,地下鉄とバスの乗り放題。
      それから,ラッフルズプレイスのTHE ARCADEというビルに行き,日本円をシンガポールドルに替えました。このビルは,外貨両替店がたくさんあります。店頭にある画面を見ながら,一番レートの良い店を探します。
      WE BUYの価格が一番高いところがお得です。この日は1000円12.35ドルが一番レートが良かったです。ちなみに朝,空港でも両替したのですが,その時は12.15ドルでした。10000円両替すると,2ドル=チキンライス1つ違いますね。

       

      JUGEMテーマ:旅行

      | 西村能一☆Team No1 | 02:20 | comments(0) | - |
      2018 シンガポール旅行1日目その2
      0

        シンガポール旅行1日目その2

        部屋に入ったら,子どもたちがプールに行きたいということで,着いてすぐにプールへ。
        ただ,たまたまメンテナンスでプールが使えず隣のマリーナマンダリンホテルのプールへ行けとのこと。ホテル間で,融通がきいているのですね。

        プールに30分くらいいて部屋に戻ると12時くらいになっていたので,近くのマリーナスクエアのフードコートへ昼食を食べに行きました。

        僕は鶏のスープとパンプキンライス。7ドル=560円くらいでした。家族もスープやチキンライスなどを食べました。大体500円位で食べられます。

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:旅行

        | 西村能一☆Team No1 | 23:09 | comments(0) | - |
        2018年 シンガポール旅行1日目その1
        0

          8/22〜28まで、シンガポール🇸🇬に行ってきました。
          今回で5回目。
          「そんなに行って面白いの?」とよく言われますが,確かに名所は少ないです。

           

          でも,食べ物は美味しいし、ホテルでのんびりしながら,郊外へ行ったり、地元の人が使うスーパーにいったりと,海外の生活が安全に楽しめる場所です。今回は、マレーシア🇲🇾との国境付近まで行ってみました‼️

          今回は特に、バスによく乗りました🚌
          バスは景色が見えるので好きです。Google MAPで検索すれば、行きたいところまでの経路が出ます。携帯は現地のSIMを指しました(後述)。
          バスと地下鉄は、ツーリストパスで3日間20ドル=1600円で乗り放題です🚌🚇

          ちょっとマニアックなシンガポールを紹介します。

          8/23 シンガポール旅行現地1日目その1です。

          今回はマイレージの期限が切れるギリギリでした。シンガポール航空SQ645便で、羽田を22:55に出発し,シンガポールに4:55に到着します。現地は時差1時間なので,所要時間は6時間です。

          出発が約1時間遅れましたが,到着は10分遅れでした。
          出国審査と荷物を受け取って,ロビーに出たのが6時半くらい。そこから,現地のツーリスト用のSIMを買いました。いくつかの会社がありましたが,今回はStarHubの7日間100GBで12ドル=960円を使いました。電波が入らないことはありませんでした。100GBなんか使えません!
          日本で,携帯はSIMフリー化していきましたが,挿せばすぐに使えるわけではありません。APN設定というものが必要です。よくわからないときは,販売しているスタッフに「つながらない」とスマホを差し出せば,ササッと設定してくれます。

          携帯の手続きが終わったのが7時半くらいで,そこからホテルまでタクシーで向かいました。
          ホテルまで30分,22ドル=1760円でした。シンガポールは時間帯によって,中心に入るのに加算金が発生します。2ドル程度ですが。

          初日のホテルはマリーナのパン・パシフィックホテルでした。今回はクラブルーム付きを選んだので,8時過ぎのチェックインでしたが,すぐに部屋に行けました。

           

          クラブルーム付きだと,午後のティータイム,夕方のバータイム,朝の朝食を38階のクラブルームで過ごすことができます。
          高級ホテルに泊まってもサービスされないという話をよく聞きますが,泊まるだけなら高級も普通も対して変わりません。高級ホテルのステイを楽しみたいのであれば,クラブルーム付きにするか,朝食付きにするべきです。
          ただ,クラブルーム付きはやはり高いので,連泊は厳しいですね。だから僕は1ヶ所滞在でも,ホテルを移動しています。朝から夜まで観光に出かけるときは,普通のホテルに泊まり,最後の一泊だけ高級ホテルでゆっくりするとか。

          そんな,日常から離れたことができるのも海外旅行の楽しみですね。

          | 西村能一☆Team No1 | 14:07 | comments(0) | - |
          第2回ノーイチ会を開催しました!
          0

            2018年4月11日に,第2回ノーイチ会を開催しました。

             

            場所は,第1回と同様の東横線白楽駅の六角箸です。

            https://www.facebook.com/tomoyuki2ta/

             

            今回は,世界史科の吉屋先生と,卒業生が3人来てくれました!

            2人は今年の卒業生,1人は3年前の卒業生です。

             

            予備校の講師室では,ゆっくり話せないことが多いので,

            卒業してゆっくり話せる機会を設けたかったのが,この会を始めたきっかけです。

             

            まだ大学が始まって間もないですが,大学での様子を聞いたり,

            これからやりたいこと,高校時代の部活の話など,全然知らないことも聞けました。

             

            また,自分の授業のことなども聞くことができ,嬉しかったです(^^)

             

            後半は野球中継を見て大盛り上がり!

            プロ初先発の平田の好投を助けるべく,筒香のツーランホームランで先制したものの,

            パットン,三嶋が打たれて逆転される・・・

            しかし,今年のベイスターズはここからが違う!

            乙坂の逆転タイムリーから,戸柱のバースデータイムリーで6対3に。

            三上,ヤスアキとつないで最後は2アウト満塁になるも,なんとか抑えて勝利!

             

            I

             

            ベイスターズファンが,店長含めて5人ということもあり,残りの1人もベイスターズファンになりました!

            みんなで野球を見ると,楽しいね!


            ということで,飲んで話して盛り上がっての楽しい1日でした。

            平日の夜ということもなり,時間が合わなかったという人もいました。

            不定期にではありますが,これからも開いていきたいと思います。

             

            飲み会でなく,昼間に勉強会も考え中です。

            化学の先生向けの講座や,安い海外旅行の仕方なども考えています。

            ご意見があったら,メールをくださいね。

            nishimura@no-ichi.com 

             

             

             

            多くの方と,楽しい時間を過ごせることを楽しみにしています!

            | 西村能一☆Team No1 | 10:16 | comments(0) | - |
            使えない助教との付き合い方〜教え子からの相談
            0

              先日,午前中の授業と午後の授業の間に,3年前に卒業した生徒からの相談にのりました。

              2月以降,教え子からの相談が多くて・・・このままカウンセリングの仕事ができるんじゃないかと思います。

               

              というわけで,相談内容を簡単にまとめてみようと思います。

              今回は,A君が4年で配属された外研の研究室の助教が使えないからどうしようという相談でした。

               

              外研とは,別の大学の研究室に行き研究することで,理系では良くある話です。

              今,通っている大学より,さらに上の大学の研究室に行き,頭の良い人からたくさん学びたいという向上心からです。

               

              しかし,行ってみたら,指導担当の助教がひどかったと。

              専門的な知識が乏しい,実験装置の扱い方や試薬の調製を間違える,研究をしていないようだ,論文を読んでいる姿を見たことがない・・・などなど,学生の言い分ですから,全てを真に受けるわけにもいきませんが,同じ研究室に怪しんでいる人もいるとか。

               

              では,教授がなぜその助教を雇っているのか。

              それは,試薬の管理してくれたり,出張の手伝いをしてくれるからのようです。

              秘書代わりの人がいれば,教授も楽ですからね。

               

              では,そんな不満をもつA君へのアドバイスは?

               

               

               

              「自分から進んで勉強して,自分が好きなように研究すれば良い」

               

              です。本人は,上から教えてもらうことを求めていました。

              でも,それば無理ならば,環境を変えるのか?

              たとえ違う場所に行けたとしても,必ずしも自分の理想通りになるとは限りません。

              確かにひどいかもしれないけれど,でもそれは自分が受け身になっているから感じることでもあります。

               

              幸い,雑用ばかりされるような,いやなことをされているわけではありません。

              そして,助教が研究をしない分,予算は残っている。

              近くにいる,教授の共同研究者の研究室に頼れる人がいる。

               

              こんな恵まれた環境を無駄にするのはもったいないです。

              上の言葉を伝えたところ,本人もやる気が出て,なにか吹っ切れたような元気な顔になりました。

              大学は,与えられるのを待っていても何も得られません。自らが動くしかないのです。

               

              A君に伝えたのは,

              「周囲に期待せず,自分に期待していこう!」

              です。

              これからの研究成果が楽しみです!

               

               

              大したことのない相談かもしれませんが,A君は本気で悩んでいました。

              誰かに聞いて欲しいことがあります。

              話をしていたら,考えがまとまったなんてこともあります。

              その解決の一つとして,色々と話ができたらなあと思います。

               

              | 西村能一☆Team No1 | 01:16 | comments(0) | - |
              新たな挑戦
              0

                先週は良いことと悪いことが重なった。


                悪いことは,自分の得意なことで勝負をしないと負けてしまうということ。

                これまでも,当たり前のように考えてきたし,生徒に伝えてきた。

                しかし,勝てそうな気分で甘く考えてしまうと勝てない。

                そしてそれは,痛い目を見ないと本当にはわからないものなのだ。
                敗者の悔しさは簡単には消えない。

                前向きになったとしても,ふとした時に思い出し,息ができないくらい苦しくなる。

                この苦しみから解放されるには,勝つしかない。

                ならば勝つために何をすれば良いのか。

                ひたすら考えた。

                自分の得意な事,勝負に勝てることは何か。

                それは,僕には教育しかないということだ。
                今までは受験生に対して化学を教えるだけだった。

                もちろん,ここで頑張ってこれたし,勝ってきた(誰々先生に勝つという意味ではなく,自分の成果として)。

                このままやっていれば気づかなかった。

                負けなければ。

                 

                でも,負けたのだ。

                そこに甘えて楽をしてきたから負けたのだ。

                今だから思える。

                必然だったと。

                そして,負けて気づけたことが良かったこと。
                その負けを取り戻すためにはガムシャラにならなければならない。

                誰でも,楽な道を通りたがる。

                でも,それではハングリー精神を失ってしまうのだ。

                では、何にガムシャラになるのか。
                先週、岡山に行ってきて、色々な先生と話をするうちに、多くの先生に自分の経験をもっと伝えていきたいと感じた。
                特に若手の先生で困っている人もいると聞く。

                これまでも,ずっと考えてきたけれど,行動してこなかった。

                だが,今は違う。

                やらなければいけないのだ。

                 

                他にも声をかけたところ、広がりができてきた。
                次はそれを体系化して,話を聞きたいと思わせるコンテンツを作ること。

                受験化学の指導だけでなく,担任や多くの生徒と関わってきた経験を生かして,人の悩みを共有,解決していきたい。

                次に,科学の面白さについて多くの人に知ってもらうということ。

                以前にも,講師オーディションというのに挑戦してきたが,やはり心構えが甘かったし技術も足りなかった。
                これも,声をかけていたら,新しい試みを一緒に挑戦してくれる人が現れた。

                時間が無いからといって,これまでは逃げていたが,もう逃げられない。

                とにかくやるしかないのだ。

                結果として,自分から動けば何かが変わるということ。
                負けて泣いている暇なんてないんだ。

                とにかく動き続けろ。

                 

                今の気持ちを絵にすると,これだな。

                岡本太郎 電撃

                | 西村能一☆Team No1 | 19:13 | comments(0) | - |
                卒業式
                0
                  今日は、次女の卒業式でした。

                  卒業生代表が答辞を読んでいるとき、泣いていて、思わずもらい泣き。

                  その後の謝恩会に出て、担任の先生に向けての感謝の言葉が詰まった替え歌を歌っている時も、歌詞を読んで泣き。
                  学校の先生を自分と置き換えて考えてしまいます。「俺だったらこんなかなあ〜」なんて思ったり。
                  先日も、同僚講師の結婚式で、新婦さんの手紙を聞いてもらい泣き。あー、泣いてばかり。

                  お涙頂戴で、しっかり涙してます。

                  昨日、6年間ありがとうということで、花をもらいました。


                  まだまだ仕事頑張らないと!
                  | 西村能一☆Team No1 | 00:30 | comments(0) | - |
                  岡山で「授業力スキルアップ講演会」をしてきました(2日目)
                  0

                    SCN岡山主催の「授業力スキルアップ講演会」当日です。

                     

                    9時過ぎにホテルの迎えにきてもらい,学校に行きました。

                    当日は13名の方が参加して下さいました。

                     

                    TwitterやFaceBookで呼びかけたところ,高知県から来てくださった先生がいました。

                    なんでも,岡山と四国は近いとのこと。

                    岡山駅から高知駅まで特急で2時間半。高松駅までは快速で1時間です。

                    岡山在住で香川大学に通っている人が何人もいるということです。

                    瀬戸大橋恐るべし。

                     

                    講演会は化学実験室で行いました。

                    この学校は,化学実験室が2つありました。すごい!

                    他にも物理実験室と生物実験室があるのこと。

                    施設の充実度が違いますね。

                    久しぶりの化学実験室で,ちょっとテンションがあがりました!

                     

                    講演内容は,

                    1,化学平衡の教え方(電離平衡,溶解度積を含む)

                    2,無機化学の効果的な教え方

                    3,気体の溶解度の教え方

                    4,新テストに向けての対策

                    です。

                     

                    自己紹介からスタートです。ベイスターズネタも忘れずに。



                    プロジェクターに今回のテキストを投影しながら,板書も使って説明します。


                     

                    なかなか,自分が授業をしている様子の写真を撮ることがないので,

                    写真をもらえて嬉しかったです。

                     

                    はじめての試みだったので,午前中は休み時間を上手に取れず,一気に話してしまいました。

                    他にも,どのような資料が良いのか,話の展開の仕方など,反省点も多いですね。

                     

                    また,一方的な講義ではなく,単元ごとに先生方から意見を聞き,それに答える感じで進めていきました。

                    鋭い指摘も多く,自分にとっても勉強になりました。

                     

                    昼休みには,岡山朝日高等学校の守屋先生が,生徒に行っているアボガドロ定数を求める実験を見せてくれました。

                    普段は,問題で解いているのですが,実際にステアリン酸の単分子膜を見るのは初めてで,興味津々。

                    こんなに覗き込んでいたのですね(笑)

                     

                    墨汁を入れた水に,ステアリン酸を溶かしたヘキサン溶液を1滴滴下して,

                    ヘキサンが蒸発するのを待ちます。

                    そして,できたのがステアリン酸の単分子膜。

                     

                    方眼紙を乗せるとステアリン酸以外のところに墨がつき,単分子膜の面積がわかります。

                    この面積を調べて,1分子あたりの面積がわかっているので,

                    ここにある分子の個数がわかります。

                     

                    滴下したステアリン酸の物質量(mol)とステアリン酸の個数から,

                    アボガドロ定数が求まります。

                     

                    と言っても,よくわからない人も多いですよね(笑)

                    まあ,そんな実験に興奮する化学オタク集団です。

                     

                    午後は,休憩時間もどうにか入れつつ,時間どおりに終えることができました。

                    終わってから,1時間くらい残られた先生と,色々な話をすることもできました。

                    こういった時間も,とても貴重ですね。

                     

                    帰りに,今回企画してくださった中尾先生や学校の準備をしてくださった守屋先生,

                    若い小延先生と,岡山名物えびそばを食べて,最後の歓談をして横浜に帰ってきました。

                    岡山→新横浜は3時間。日帰りでもできそうです。

                     

                    今回は,色々なことを仕切ってくださった岡山県立一宮高等学校の中尾先生に感謝しています。

                    昔から,僕の本を気に入ってくださり,年下で一介の予備校講師の言葉を真剣に聞いてくださり,

                    色々な方に紹介してくださることが幸せです。

                     

                    自分も,様々な学校の先生と情報交換をしたいとずっと思ってしましたが,

                    所属する予備校から,このような機会を与えてもらえませんでした。

                    ならば,自らが動くしかない!と飲み会を行った矢先でしたので,本当に感謝です。

                     

                    これを機に,岡山でも2回目を開けたらなあと思いますし,他の場所でも声がかかれば行きます!

                    予備校に頼むより値段は安いですよ!

                     

                    プログラムは,

                    授業法,学習法,入試動向,受験生の親の気持ち,教育とお金,家庭円満の秘訣(?),

                    最新科学の紹介,日経新聞を読んで科学を知ろう,英語で科学を読もう,面白科学史,

                    お酒の化学,ウイスキーの歴史,野球を楽しむ講座,スポーツ観戦の楽しみ方,

                     

                    などなど,興味をもったらとことん調べる特技を生かして,皆さんと面白いことを共有します!

                    連絡先は,nishimuraあno-ichi.com まで。(迷惑メール防止のため,「あ」を「@」に変えてください)

                    | 西村能一☆Team No1 | 22:16 | comments(0) | - |
                    岡山で「授業力スキルアップ講演会」をしてきました(1日目)
                    0

                      3月17日に,SCN岡山の招待で「授業力スキルアップ講演会」を行いました。

                       

                      10年前から僕の著書をたいそう気に入ってくれ,誤植訂正や様々なアドバイスをくれたのが岡山県立高校の中尾先生です。

                      メールでのやり取りが長らく続いたのですが,昨年12月の第1回ノーイチ飲み会に,わざわざ岡山から参加して下さいました。

                      http://nmr-sensei.jugem.jp/?day=20171208

                       

                      そのとき,「岡山で,特に若い先生方に自分が培ってきた経験やノウハウを伝えたい!」と言ったところ,

                      中尾先生が,積極的に各方面にはたらきかけてくださり,講演会が実現しました。

                       

                      SCNとは「次世代化学教育研究会」の略で,各県の先生方が化学教育の発展のために,

                      新しい実験の開発や指導力向上のための研究を行っている会です。

                      その岡山支部から呼ばれたという,大変光栄なことでした。

                       

                      前日入りし,岡山城や岡山後楽園を案内してもらいました。

                       

                      岡山と言えば,路面電車。問答無用に乗ります。

                       

                      岡山城。黒いので烏城と呼ばれているそうです。

                       

                      岡山後楽園。日本三大庭園の一つ。さて,残り2つはどこでしょう。

                       

                      岡山名物きびだんごです。鬼はいないか〜

                       

                      明日の講演会をする,岡山県立岡山朝日高等学校です。

                       

                      校門の前には,予備校の看板が複数ありますね。

                      どうも気になります。

                       

                      この後,当時の講演会に出られない,SCN岡山の代表の末廣先生と妹尾先生が懇親会を開いてくださいました。

                      お刺身が美味しかったです。

                       

                      長くなったので講演会の模様は次へ。

                      | 西村能一☆Team No1 | 18:27 | comments(0) | - |

                      PR

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Recommend

                      Recommend

                      大学入試 化学反応のしくみが面白いほどわかる本

                      化学頻出!スタンダード問題230選 (駿台受験シリーズ)

                      ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習

                      大学合格新書 化学 早わかり一問一答

                      Search

                      Entry

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode