Entry: main  << >>
新たな挑戦
0

    先週は良いことと悪いことが重なった。


    悪いことは,自分の得意なことで勝負をしないと負けてしまうということ。

    これまでも,当たり前のように考えてきたし,生徒に伝えてきた。

    しかし,勝てそうな気分で甘く考えてしまうと勝てない。

    そしてそれは,痛い目を見ないと本当にはわからないものなのだ。
    敗者の悔しさは簡単には消えない。

    前向きになったとしても,ふとした時に思い出し,息ができないくらい苦しくなる。

    この苦しみから解放されるには,勝つしかない。

    ならば勝つために何をすれば良いのか。

    ひたすら考えた。

    自分の得意な事,勝負に勝てることは何か。

    それは,僕には教育しかないということだ。
    今までは受験生に対して化学を教えるだけだった。

    もちろん,ここで頑張ってこれたし,勝ってきた(誰々先生に勝つという意味ではなく,自分の成果として)。

    このままやっていれば気づかなかった。

    負けなければ。

     

    でも,負けたのだ。

    そこに甘えて楽をしてきたから負けたのだ。

    今だから思える。

    必然だったと。

    そして,負けて気づけたことが良かったこと。
    その負けを取り戻すためにはガムシャラにならなければならない。

    誰でも,楽な道を通りたがる。

    でも,それではハングリー精神を失ってしまうのだ。

    では、何にガムシャラになるのか。
    先週、岡山に行ってきて、色々な先生と話をするうちに、多くの先生に自分の経験をもっと伝えていきたいと感じた。
    特に若手の先生で困っている人もいると聞く。

    これまでも,ずっと考えてきたけれど,行動してこなかった。

    だが,今は違う。

    やらなければいけないのだ。

     

    他にも声をかけたところ、広がりができてきた。
    次はそれを体系化して,話を聞きたいと思わせるコンテンツを作ること。

    受験化学の指導だけでなく,担任や多くの生徒と関わってきた経験を生かして,人の悩みを共有,解決していきたい。

    次に,科学の面白さについて多くの人に知ってもらうということ。

    以前にも,講師オーディションというのに挑戦してきたが,やはり心構えが甘かったし技術も足りなかった。
    これも,声をかけていたら,新しい試みを一緒に挑戦してくれる人が現れた。

    時間が無いからといって,これまでは逃げていたが,もう逃げられない。

    とにかくやるしかないのだ。

    結果として,自分から動けば何かが変わるということ。
    負けて泣いている暇なんてないんだ。

    とにかく動き続けろ。

     

    今の気持ちを絵にすると,これだな。

    岡本太郎 電撃

    | 西村能一☆Team No1 | 19:13 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 19:13 | - | - |
      Comment








      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      Profile

      Recommend

      Recommend

      Recommend

      大学入試 化学反応のしくみが面白いほどわかる本

      化学頻出!スタンダード問題230選 (駿台受験シリーズ)

      ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習

      大学合格新書 化学 早わかり一問一答

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode